肌が乾燥したり、化粧のりが良くないと感じたらもしかするとクレンジングの方法が間違っているかもしれません。
クレンジングはまず、優しく洗うことが大切です。
清潔な手で洗うことは基本になりますが、守れていない方も少なくありません。
また、クレンジングでポイントメイクで濃い部分であるアイメイクを落とすには目元用にリキッドタイプ、Tゾーンや口元など濃いメイクではない部分は泡や石鹸タイプなど肌に優しいクレンジングを使い分ける必要があります。
顔全体をリキッドメイクで落としてしまうと、肌に負担がかかってしまいます。

また、オイルクレンジングは顔につける前に手の平で水とクレンジングを馴染ませて乳化させるようにしましょう。
オイルクレンジングはごしごし洗わなくてもメイクを浮き上がらせて落としてくれますので、必要以上に擦らないことも重要です。
クレンジングの使い分けを面倒だと感じる方もいますが、長期的に肌に負担をかけることを避けるためには大切なことです。
クレンジングの後は化粧水です。

化粧水の使い方も基本は出来ているか今一度見直してみましょう。
化粧水は素手でたっぷりとつけたいという方もいますが、清潔さでは手よりもコットンを使用した方が良いので、ニキビや吹き出物がある方は清潔なコットンを使うことをおすすめします。

また、Tゾーンなど凸凹がある部分では塗りムラが出来てしまうかもしれませんので、コットンの方が細かい部分まで塗りやすいというメリットがあります。
若い頃は多少肌のケアを怠ったとしてもすぐに肌トラブルになることはなかったのに、年を重ねるとお化粧を落とさずに寝たり、化粧水を付けないで寝るとすぐに肌トラブルに見舞われると感じることでしょう。
肌の保湿成分や潤い成分は年を重ねる毎に失われていきます。
丁寧な肌のケアで、美しい状態の肌を長く保つことに繋がりますので、年を重ねたからこそ、丁寧なお肌のケアを心がけましょう。

摩擦を減らしてとにかく保湿が重要

女性はクレンジングやスキンケアで、とにかく肌に触れる機会が多いです。
肌はとても刺激に弱く、ちょっとした摩擦でも、大きなダメージとなってしまいます。
特にクレンジング中の摩擦には注意が必要です。

Tゾーンなど皮脂が出やすい部位は、より毛穴の中までキレイに洗おうとして、ゴシゴシとクレンジングをしてしまいがちです。
皮膚を擦るようにクレンジングをしてしまうと、その刺激によって炎症が起こります。
するとメラニン色素が作られてしまい、シミとなるケースも少なくありません。

毛穴の皮脂や汚れはしっかり落としたいですが、皮膚に摩擦を与えないように行いましょう。
クレンジングを乳化させる際も、肌を擦らないよう優しく行うのがポイントです。
また、化粧水や乳液の使い方1つでも摩擦となり得ます。
コットンで化粧水をパッティングしながら、浸透させるという人も少なくないようです。
パンパンと肌を叩くようにパッティングすると、より化粧水が肌の奥に入り込むような感覚もあります。

ただ、このようなスキンケア方法も肌にとっては負担です。
場合によっては、やはりシミを作る原因となるので化粧水をコットンで浸透させる場合は、優しくケアするようにしましょう。
肌への摩擦を減らすだけでなく、保湿も美肌をキープするためには重要なポイントです。
特に目元や口元といった部分は乾燥しやすいので、保湿をしっかり行う必要があります。
保湿は清潔な手で行いましょう。

雑菌が付着している手だと、その雑菌が顔にうつりニキビや炎症といった肌トラブルの原因となります。
乾燥が気になるという場合は、より保湿効果の高い美容成分を配合した化粧すを選ぶと良いでしょう。
セラミドやスーパーヒアルロン酸といった美容成分は、潤い力が高いのでおすすめです。