トラネキサム酸はもともと風邪によるのどの痛みなどに処方されてきた薬ですが、近年はシミ改善効果もあるということで美白ケア成分としても注目されています。
シミの原因は紫外線を浴びることで生成されるメラニンにあり、メラノサイトという肌細胞によってメラニンが作られています。
トラネキサム酸はこうしたメラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制し肌のターンオーバーを活発にする働きがありますから、美白効果が期待できます。
メラニンの生成にはプロスタグランジンという成分も関わっていますが、トラネキサム酸にはこのプロスタグランジンを抑制する効果もありますからシミ予防にも効果的といえます。
そのほかにもトラネキサム酸には肌荒れの原因となるプラスミンの働きを阻害する作用もありますから、美白だけではなくじんましんや肌荒れの予防にも使用されています。

風邪でのどが痛む原因は、血液中に流れているタンパク質のプラスノーゲンがプラスミンに変化して粘膜から浸透します。
炎症を引き起こすヒスタミンや痛みの原因となるプロスタグランジン・ブラジキニンなどを発生させて、患部が腫れて痛みの原因となります。
トラネキサム酸を主成分としたトランサミンは、プラスミンを阻害する薬で、炎症や痛みを抑制することができます。
トラネキサム酸はもともと医療現場では炎症やアレルギーを抑える効果があるためじんましんの治療や止血剤としても使用されてきました。

2002年に厚生労働省から美白効果がある成分だと認められたことから現在では美白化粧品などに幅広く使用されています。
薬などからトラネキサム酸を摂取する場合、気をつけないといけないことは血液を固まりやすくしてしまう作用があります。
脳梗塞や心筋梗塞・血栓性静脈炎などの病気がある人は注意が必要ですし、食欲不振や嘔吐・胸焼けなどの副作用が起こることがありますから、服用する際は十分理解した上で摂取することが大切です。

トラネキサム酸についての紹介

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種で、医療の現場から美容の現場へと知名度の高くなった成分です。
広く美白化粧品に使われることが増えていますが、その中でもそばかすや炎症後色素沈着のような肌トラブルにも効果が期待されています。
皮膚科の治療薬として処方される時には、トランサミンという医薬品として処方されており、安価なジェネリック医薬品も出てきました。
化粧品に配合される場合には副作用の心配がない低濃度配合ですので医薬部外品ですが、製品によって配合濃度は異なります。
スキンケア用品以外に、ベースメイク用品や日焼け止めなど多くの製品に使われています。

皮膚科では効果の高い内服薬のトラネキサム酸を処方してもらえます。
すでにあるシミや古いシミは肌奥に潜んでいるため通常の化粧品での美白ケアだけではシミがきれいになくなるまで時間が掛かります。
レーザー治療もシミでは有効ですが、確実にきれいにするには何度も通う必要があります。
外用薬よりも内服薬のほうが血中に入る量が多く副作用の心配はありますが、内服薬のほうがより効果にも期待ができるのです。
美容皮膚科などで処方された場合には、シミへの効果を見ながら長期に渡って服用することもあります。

トラネキサム酸はシミの元をブロックすることで、表皮のターンオーバーで肌が生まれ変わる時に新たなシミを作らせないように働いてくれます。
表皮に浸透することができれば効果に期待できますので、トラネキサム酸配合の化粧品でもシミの改善や透明感ある肌への効果も感じられますし、一度でより効果を感じたいのならイオン導入という手段もあります。
個人差はありますが、化粧品でも早い人なら2週間ほどでシミが薄くなってきたと感じる人もいます。